インプラント治療を活用して健康的に暮らす

MENU

歯の特徴について

乳歯と永久歯

生活をする上で、歯はとても重要な役割となります。
歯は消化をしやすくするため、必要不可欠なものとなります。
そんな歯は胎児の頃からでき始めます。最初の歯がしっかりと生える時は1歳半頃からと言われています。
人間には歯が生え変わることがあります。赤ちゃんの頃に生える歯のことを「乳歯」と言い、生え変わった歯のことを「永久歯」と呼びます。
乳歯は6ヶ月から7ヶ月頃から生え、3歳頃には全部の歯が生え揃うと言われています。乳歯は噛む以外にも様々な機能があります。
乳歯は後から生えてくる永久歯が生えてくる場所の確保や、顎の筋肉などの発育にも重要な役割をしています。
乳歯の下に永久歯が存在します。「生え変わるから」といい乳歯のうちに歯磨きなどの虫歯予防・対策を疎かにしていると乳歯の下で待機している永久歯の悪影響となります。
永久歯は6歳頃から生え始めます。多くの人が12歳から13歳にかけて、生え揃うと言われています。
生える時期や順番などは、個人差があります。そのため平均的な年齢を超えても生え揃わないからと言っても問題はありません。
しかし不安でしたら歯科医院に相談すると良いでしょう。

先天性欠如

人間の歯は、乳歯の内に20本生えます。永久歯は28本生えます。
近年永久歯が少ない「先天性欠如」の方が増えていると言われています。
日本全国の7歳以上の児童を調べたところ、10人のうち1人の割合で永久歯の生えない子供がいるという結果がでました。
いつまでも乳歯が生え変わらない事が要注意です。
先天性欠如歯の原因は現在明らかとなっていません。遺伝や妊娠中の栄養不足や薬の副作用などが原因だと考えられています。
一般の人の歯は永久歯が生えるため乳歯は全部抜けてしまいます。先天性欠如の場合、永久歯の生えるべき場所に乳歯が残ったままとなります。
先天性欠如の歯が発見されると、経過を見ていく場合がほとんどと言われています。
顎のバランス、噛み合わせにより成長期の矯正治療を行い、乳歯の抜歯は行わずに顎の成長を誘導します。
矯正の適齢期に抜歯をせずに残した場合は、30歳くらいになると自然と乳歯が抜けてしまうか、噛み合わせのズレが生じます。
そのような場合は、入れ歯やインプラントやブリッチなどを使用し、噛み合わせのズレがないよう治療を行います。早めに歯科医院に行き改善・治療を行いましょう。

  • インプラントの説明

    インプラントとは、フィクスチャーという基礎を埋込み、そこに人工の歯をつける治療法です。これからの将来、インプラント治療が虫歯の治療の主流となると期待されています。

  • インプラントの種類

    インプラントと一口に言っても種類は豊富で、100種類ほどあると言われています。インプラントは様々なメーカーや形状・システムが存在しており、それぞれの特徴があります。

  • インプラントの検査

    インプラント治療は適応を見極めたり、正確な手技を行えば9割以上の成功率を見込みます。しかし感染などで失敗する事もあります。また、インプラント治療を受けることのできない人も存在します。

  • 奥歯のインプラント

    奥歯のインプラントを行なう事で、噛み合わせが改善される方が増えています。噛み合わせが良くなると身体の調子も良くなります。インプラント治療を行なった人は、その後しっかりとしたメンテナンスを行いましょう。