インプラント治療を活用して健康的に暮らす

MENU

インプラントの検査

受けれない人

インプラント治療では、出来る人と出来ない人がいます。
インプラントを打てる骨が無い重度の歯周病の場合、インプラントが出来ません。
喫煙者や18歳以下の若年者もインプラント治療を受ける事が出来ません。
歯が抜けていてしばらくの間、放置していた可能性のある方も出来ません。
インプラントの可否を判断するには。CT検査などが必要になることが多いです。
またインプラントが出来ない場合には、部分入れ歯やブリッジなどの治療によっても可能です。
インプラント治療は適応を見極めたり、正確な手技を行えば9割り以上の成功率を見込みます。しかし感染などで失敗する事もあります。
患者さんの歯磨きなどのケアなどメンテナンスが不十分であったり、喫煙をしていたりすると感染しやすくなります。
また、医師の診断や手技に問題があるケースもあります。
医院を選ぶ際はインプラントの高い技術のある医院で手術をおこなうようにしましょう。

検査方法

インプラント治療を行なう際は、事前に検査が必要となります。
検査方法は医院や医師によって異なることが多いです。
レントゲンだけを撮る場所もあれば、全ての患者さんに対しCT検査を行なうところもあります。
また患者さんによって、レントゲンとCTの併用、レントゲンのみなどと対応を変えるところもあります。
このような検査は、骨が確実にあると思われる人には、精密な検査は必要ありません。
また審査を入念に行なうことで、インプラント治療が失敗するリスクを下げる事が可能となります。