インプラント治療を活用して健康的に暮らす

MENU

インプラントの説明

インプラントとは

現在の歯科医院では様々な治療方法があります。
虫歯治療をはじめとした多くの治療法の中に「インプラント」があります。
インプラントという言葉は現在まだ、知名度は高く無いので知ってる方も少ないでしょう。
しかし将来はインプラントという治療法が、主流となる可能性もあると言われています。
現在の虫歯治療は、虫歯になると歯を抜かないといけない状態になってしまった場合に、入れ歯や差し歯をいれるのが主流です。
インプラントとは、歯が抜けた所にチタンなどの素材でできているフィクスチャーというネジの基礎を埋込みます。そこに人工の歯をつける治療法です。
従来の入れ歯などとは違い、グラつきなどが無いため自分の歯のような自然な噛み合わせになると好評です。
またインプラントは従来と比べ費用も安くなり、入れ歯や差し歯などからインプラントに変える人も多いと言われています。

1回法と2回法

多くのインプラント治療法には、1回法と2回法が存在します。
1回法とは1回の手術で済みます。しかしインプラント治療成功率が多少落ちると言われる治療法です。
1回目の手術でフィクスチャーを埋めた後に、ヒーリングアバットメントと呼ばれる歯肉の表面に出汁、骨とインプラントが固定されるまで2ヶ月から半年かけ待ち、様子を見ます。
上部構造を装着する時にヒーリングアバットメントを外すだけでいいことで、手術が1回で行えるメリットがあるのが特徴です。
しかし1回で行なうため、インプラントと骨が固定されるまでに、感染する恐れがあります。感染が起きてしまうとインプラント治療を最初からやり直しをしなければなりません。
2回法とは2回の手術が必要となります。手術の回数が増えますがインプラント治療の成功率が高くなる治療法と言われています。
1回目の手術でフィクスチャーを埋めた後に一旦歯肉を縫い、塞ぎます。
インプラントと骨が固定されるのを2ヶ月から6半年待ちます。
上部構造を装着する時に、もう一度歯肉を切りアバットメントの装着が必要となります。そのため手術が2回必要となります。
しかし1回法と比べ感染のリスクは低くなり、インプラントの成功率は高くなります。