インプラント治療を活用して健康的に暮らす

MENU

インプラントの種類

形状と種類

インプラントと一口に言っても種類は豊富で、100種類ほどあると言われています。
様々なメーカーや形状・システムが存在しており、それぞれの特徴があります。
口内環境は人によって異なります。そのためその人に合った種類の物を医師が最適な物を選んでくれます。
スクリュータイプは、ネジのような形のインプラント種類となり骨に埋め込む穴が小さく、噛む力を効率よく骨に伝える事で現在最も多く使用されるインプラントのタイプで知られています。
また先端が細くなっている「ルートタイプ」と太さが一定物を「ストレートタイプ」があります。
シリンダータイプはスクリュータイプと並び、主流として採用されているインプラントのタイプです。
ネジ特有のらせんが無く、円筒形で凹凸が無いので容易に埋め込むことが出来ますが、表面積が小さくなるため初期固定が弱いと言われています。2回法の治療に適したタイプともいわれています。
ブレードタイプはT時の板状になっているインプラントのタイプです。幅が狭く薄いので、骨格が狭い部分にも使用ができます。しかし、破損が起きやすいという欠点があるため使用されないことが多いようです。
バスケットタイプは、ネジ特有のらせんがあり、スクリュータイプに似ていますが、穴が数箇所開いているため中が空洞になっているのが特徴です。
空洞のためインプラント自信の強度が弱いため、破損のトラブルもあるので現在ではほとんど使用されていないです。